尿失禁

尿失禁とは

尿失禁とは意思と関係なく尿が漏れてしまう状態で、微量の尿漏れも含めると40歳以上の女性の4割以上が経験しているとされています。女性は妊娠や出産で骨盤底筋群に大きなダメージを受けることが多く、さらに加齢によって筋力が低下することで尿失禁を起こすことがあります。尿失禁は加齢や体質とあきらめてしまうケースが多いですが、原因に合わせた適切な治療を受けることで尿失禁は改善することができます。QOL(生活の質)向上のためにも、尿が漏れる、トイレが間に合わないなどのお悩みがある場合にはお気軽に当院までご相談ください。

尿失禁の種類について

尿失禁は、腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁が多くを占めますが、それ以外にも溢流性(いつりゅうせい)尿失禁、機能性尿失禁などもあり、それぞれ原因に合わせた治療法があります。

腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁強い腹圧がかかった刺激によって尿が漏れてしまうタイプです。女性に多く、週に1回以上の腹圧性尿失禁を経験するという方が日本には500万人以上いると考えられています。くしゃみや咳、ジャンプ、走る、重いものを持ち上げるなどによって尿漏れが生じます。原因は臓器を支える骨盤底筋群や尿道括約筋といった筋力の低下とされています。骨盤底筋群は妊娠や出産で大きなダメージを受け、便秘による強いいきみや喘息なども骨盤底筋群への負担が大きいとされています。骨盤底筋群や尿道括約筋は筋肉ですから、適切なトレーニングを地道に行うだけで改善できる場合もあります。


切迫性尿失禁

抵抗できないほど激しい尿意切迫感が突然起こり、トイレまで間に合わずに漏れてしまう状態です。急いでトイレに駆け込む必要が生じるため外出が難しくなり、仕事や生活に多大な支障を及ぼすこともあります。脳や脊髄の疾患などが原因となって排尿コントロールがうまくいかなくなって発症するケースもありますが、ほとんどの場合は特に原因がなく膀胱が不随意的な収縮を起こして発症します。また、男性では前立腺肥大症、女性では骨盤臓器脱が原因となって生じることもあります。

前立腺肥大症について


溢流性尿失禁

尿意があっても尿がうまく出ず、尿が少しずつ漏れてしまう状態です。尿漏れの症状を起こす前に、排尿障害(尿が出にくい:尿閉、尿の勢いが弱い:尿勢)があらわれます。そのため、排尿障害があらわれた時点で受診していただくことが重要です。なお、男性の場合、前立腺肥大症により発症することもあります。また、直腸がん、子宮がんなどの手術によって膀胱周囲の神経機能が低下して生じる場合もあります。症状が続くと尿路感染症や腎機能障害のリスクが上昇してしまうため、お早めに当院までご相談ください。

前立腺肥大症について


機能性尿失禁

排尿は正常に行えますが、歩行や認知機能に問題があってトイレでの排尿ができなくなってしまう状態です。介護や生活環境の改善が必要な状態です。

尿失禁の検査について

丁寧な問診を行った上で、採尿による尿検査、超音波検査による簡易的な残尿量測定といった検査で診断できます。また、飲水量・排尿状態を記録する排尿日誌をつけてもらい、再診時に確認して状態を正確に把握します。
精密検査が必要な場合には、内診台での診察、膀胱鏡検査などを行うこともあります。また、脳や脊髄に問題があって生じている可能性がある場合には、CTやMRIなどの画像検査が必要になることもあります。

尿検査

尿検査尿の成分を調べ、尿路感染症の有無などを確認します。血尿やたんぱく尿の有無もわかります。


超音波検査

お腹に超音波を当てて膀胱に残っている残尿量を簡易的に調べる検査です。


内診台での診察

咳や力みなどを行った際の尿道の動き、尿漏れなどを観察します。また、骨盤臓器脱の有無を確認するためにも有効です。


膀胱鏡検査

内視鏡で膀胱や尿道の粘膜を詳細に観察できる検査です。

尿失禁の治療

尿失禁の治療軽度の腹圧性尿失禁の場合には、骨盤底筋群や尿道括約筋をトレーニングで鍛えることで改善が期待できます。効果を実感できるまで時間がかかりますが、地道に続けることが重要です。肥満がある場合は適正体重まで減らし、それを維持することも効果的です。腹圧性尿失禁があって、こうした保存的療法では十分な効果を得られない場合には、手術が必要です。現在は、不安定な尿道を耐薬品性に優れたポリプロピレン(PP)メッシュのテープで下から支える尿道スリング手術(TVT手術、TOT手術)が行われています。長期的な効果を得られ、お身体への負担を軽減できる優秀な治療法です。当院では、手術が必要な場合、連携する高度医療機関へ紹介させていただいています。
切迫性尿失禁の場合には、薬物療法で効果が得られるケースが多く、飲水の量やタイミングのコントロール、骨盤底筋群のトレーニング、尿意を我慢することで膀胱の容量を増やす膀胱訓練なども有効です。
溢流性尿失禁は原因になっている排尿困難の解消や残尿を減らす治療が中心になり、機能性尿失禁は介護や生活環境の改善が必要です。
尿失禁はタイプや程度によって治療法が大きく異なりますので、適切な治療につなげることが重要です。QOL(生活の質)を守るためにも、年齢や体質とあきらめてしまわず、当院までご相談ください。

TOPへ